admin のすべての投稿

あなたに合ったキャッシングを見つけましょう

キャッシングする目的とはいったい何でしょう?

生活費だったりレジャー費だったり教育費だったりと人それぞれですが、お金を借りることに変わりはありません。そして、それを返済しなければいけな いことも確かなことなのです。借りっ放しではだめですし、それを返済しないのもNGです。借りた分をきちんと返済することで次のキャッシングへと繋がりま す。

利用方法としては、この日までに絶対に振り込まなければいけないなどビジネスで必要になったり、彼女とデートを楽しくするために借りたいなどプライベートで利用する人もいるでしょう。借りるにあたりネットやATMから誰にも知られずに借りることも可能です。

しかし、返済を怠ることで次回からキャッシング審査に通らなくなることもあるのです。さらにはブラックリストに載ることも有り得ます。キャッシング をして目的は達成できますがその後の支払いを怠れば意味がないのです。借りる以前に返済のことを考えてキャッシングすることが肝心なのです。

自分の収入や職業、性別など条件により借入金も変わってくるとは思いますが、ここでは、そのキャッシングを利用するための賢い借り方を紹介しています。そのためにもまずは、キャッシングとは何かを知ることです。

キャッシングの種類や金利、計算方法、返済方法などを知ることで計画性のある借り方が出来るのです。キャッシングについて勉強することで安心して利 用できればそれに越したことはありません。賢く借りるライフスタイルを確固たるものにするためにもキャッシングについてご一緒に勉強していきましょう。

 

銀行系キャッシング

銀行系キャッシングは低金利での貸し出しが一般的とされています。年利も低いところでは5%代からあり17%前後が上限のところが多いようです。楽天銀行カードローンなどのように銀行名を含んだ名前や、逆にバンクイック(三菱東京UFJ銀行のカードローン)銀行名を出さない会社名などいろいろですが、銀行本体やそのグループ企業が運営していることが多いようです。金利が比較的安いので借りる金額も500万円まで貸し出し可能な会社が多いようです。共通しているのは500万円まで借りられる大口融資にも関わらず、担保、保証人不要なのが特徴と言えます。

信用保証会社への申し込み

ただし、信用保証会社への申し込みが必要になります。担保、保証人が不要なのですから当たり前と言えば当たり前の話です。もし、遅延、返済不能に陥った場合にはこの保証会社が保証してくれることになっています。機能的には債務保証をしてくれる保証人の代わりと思ってもいいでしょう。

この信用保証会社への申し込みには手数料が必要になります。言わば保証人をお金を払って建てることになります。知人や親戚縁者への気詰まりを考えるとお金を支払ってでも保証人として信用保証会社を利用するほうが気が楽だと思っている人も多いようです。一方、保証人になりとんだ目に合ったなど昔からよく聞く話です。親戚縁者も保証人を申し込まれても断るケースも多くなっていると聞きます。そのため近年、信用保証会社を利用する人が増えている傾向にあるのが現状と言えるでしょう。

このように銀行系キャッシングでも知人や親戚に迷惑をかけることなく利用できるシステムになっていることは、お金を必要とする法人、個人には利用しやすいお金の借り方と言えるでしょう。

金利計算方法

キャッシングが初めての人は、まずはキャッシングの金利についての知識を持っておくことをおすすめします。というのもこの金利の利率により返済金額が大きく変わってくる場合があるからです。

おすすめなのはやはり低金利で借りるのが一番ですが、中には審査基準に到達しなくて金利の高いところから借りなければいけない人もいるでしょう。そのような時は、きちんと自分の借りた分の金利を把握しておくことが大事です。あとからしまったと困惑しても遅いのです。

ここでは、具体的にお金を借りた金額に対して借りた日数分を考慮した計算方法をご紹介しています。計算式はとても簡単でキャッシングに限らず日常生活でも勉強になる計算式なので覚えておいてもいいでしょう。

金利以外の費用にも注意

ただ、金利計算式で金利の全額が分かったつもりでもここには落とし穴があります。気をつけたいのは、金利の中に事務手数料などの費用が入っている場合、入っていない場合などキャッシング会社によりさまざまケースがあるということです。

借りる場合には金利以外の諸雑費などの費用がかかるかどうかなどキャッシング会社から確認することが必要です。安い金利を謳っているからといって安心するのは禁物です。分からないことがあればどんどん聞いたほうがいいでしょう。

それから金利は2006年を境に金利の上限が変更になっています。そのへんのことを含めて詳しくご説明していますので金利について不安な人、もっと詳しく知りたい人などに参考にしてもらえればと思います。知っているのと知らないのとでは大きな違いが出てきますので金利について勉強しておくといいでしょう。