金利計算方法

キャッシングが初めての人は、まずはキャッシングの金利についての知識を持っておくことをおすすめします。というのもこの金利の利率により返済金額が大きく変わってくる場合があるからです。

おすすめなのはやはり低金利で借りるのが一番ですが、中には審査基準に到達しなくて金利の高いところから借りなければいけない人もいるでしょう。そのような時は、きちんと自分の借りた分の金利を把握しておくことが大事です。あとからしまったと困惑しても遅いのです。

ここでは、具体的にお金を借りた金額に対して借りた日数分を考慮した計算方法をご紹介しています。計算式はとても簡単でキャッシングに限らず日常生活でも勉強になる計算式なので覚えておいてもいいでしょう。

金利以外の費用にも注意

ただ、金利計算式で金利の全額が分かったつもりでもここには落とし穴があります。気をつけたいのは、金利の中に事務手数料などの費用が入っている場合、入っていない場合などキャッシング会社によりさまざまケースがあるということです。

借りる場合には金利以外の諸雑費などの費用がかかるかどうかなどキャッシング会社から確認することが必要です。安い金利を謳っているからといって安心するのは禁物です。分からないことがあればどんどん聞いたほうがいいでしょう。

それから金利は2006年を境に金利の上限が変更になっています。そのへんのことを含めて詳しくご説明していますので金利について不安な人、もっと詳しく知りたい人などに参考にしてもらえればと思います。知っているのと知らないのとでは大きな違いが出てきますので金利について勉強しておくといいでしょう。